「殺される」と電話で助けを求めるも未成年女子がシャブ漬けにされて失踪、死体が見つからず容疑者は野放しへ【未解決事件ファイル】

「殺される」と電話で助けを求めるも未成年女子がシャブ漬けにされて失踪、死体が見つからず容疑者は野放しへ【未解決事件ファイル】
 2008年4月5日、東京都江戸川区に住んでいた当時19歳の女性Aさんが、出会い系で知り合った男に連れ回された後に、行方が分からなくなった。Aさんは叫び声を上げながら、警察や友人らに助けを求める電話をかけていたが、取り乱した状態で居場所を聞き出すことはできなかったという。犯人は捕まったものの、Aさんの行方は2020年9月現在も分かっていない。一体、何が起きたのか。

 ​>>容疑者は全員自殺、誘拐された医師夫人の行方は未だ分からない謎【未解決事件ファイル】<<​​​

 家族や友人らの元にAさんから助けを求める電話がかかってきたのは、4月6日の昼頃。「知らない男に連れ回された」「覚せい剤を打たれた。助けて」「2人組の男に、ラブホテルに連れ込まれそうになった」と数回電話がかかってきたというが、薬の影響から意味不明な言動が目立ち、正確な居場所を聞き取ることはできなかったそうだ。同時刻に、Aさんは警察にも自ら通報していたものの、呂律が回っていない状態だったため、こちらも正確な居場所を割り出すことはできなかった。
 この電話を受けて、Aさんの両親はすぐに警察に通報した。警察は断片的に聞き取ることができた車のナンバーや、Aさんの通話履歴を頼りに捜査を開始。ほどなくして、当時26歳だった容疑者Bを割り出すことに成功した。

 そして、事件から5日後の4月11日、東京都青梅市内の駐車場で、ワゴン車の中で寝ているBを発見。警察は監禁容疑でBを逮捕した。ワゴン車はBの父親名義だったが、Bが普段から車内で生活していたと見られ、生活用品やゴミが散乱していたという。鑑識の結果、車内から尿反応が確認されたが、Aさんのものであるかは分かっていない。血液も見つかったが、これはBが覚せい剤を使用する際に出たものと見られる。逮捕後の身体検査で、Bの下着から覚せい剤と向精神薬数錠が見つかった。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月5日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。