かかりつけ医が妻の浮気相手だった! 家庭を壊されたとして医師を訴えた男性、その請求額に驚きの声

かかりつけ医が妻の浮気相手だった! 家庭を壊されたとして医師を訴えた男性、その請求額に驚きの声
拡大する(全1枚)
 今や離婚自体は珍しくないが、不倫で相手の家庭を壊したために、とんでもない額の慰謝料を請求されてしまった人がいる。

 アメリカ・オレゴン州に住む男性が、妻の不倫相手であった医師の男性に対し、慰謝料などの賠償を求めて、裁判所に提訴したと海外ニュースサイト『New York Post』『Daily Mail』などが11月23日までに報じた。

 >>鼻の整形手術を受けた31歳女性、無断で耳の軟骨を切り取られる 医師は必要な処置だったと説明<<

 記事によると、47歳の男性は、2018年11月頃、精神的につらい症状が続き、かかりつけの男性医師(以下医師、年齢不詳)の元を訪れたという。男性には妻と2人の子どもがいた。男性は妻との関係がうまくいっておらず、このストレスが原因でうつの症状が出たようだ。医師からは、うつ症状を抑える薬の服用、および妻との関係改善のためにカウンセリングを受けるようアドバイスを受けたそうだ。

 男性が医師のアドバイスを妻に報告したところ、妻は、この医師と数年間、不倫関係にあると男性に打ち明けた。医師は、男性家族のかかりつけ医であり、妻も子どもも、この医師が経営する診療所に通院していた。妻の浮気告白後、男性と妻の関係は修復不能な状態に。2019年に2人は離婚が成立。最近になって、男性は、結婚生活が破綻したのは医師の責任として、慰謝料など約3億円の損害賠償を求め、医師を提訴したという。訴えられた医師は、各社の取材申し込みに対し沈黙を貫いている。医師は既婚者で、看護師の妻や子どももいるという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク