1月スタートのドラマ『知ってるワイフ』、不安要素は“韓国ドラマ”原作? 過去の失敗作は

1月スタートのドラマ『知ってるワイフ』、不安要素は“韓国ドラマ”原作? 過去の失敗作は
       
 関ジャニ∞の大倉忠義主演の木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系)が、早くもさまざまな声を集めている。

 ヒロインを広瀬アリスが務める本作。韓国の同名ドラマが原作で、「結婚生活、こんなはずじゃなかった!あの頃に戻って人生をやり直したい!」と嘆く恐妻家の主人公が、ある日タイムスリップし、妻を入れ替えるというストーリーになっている。

 原作は韓国で大ヒットしたドラマだが、その韓国ドラマという点に不安感を覚えているドラマファンもいるという。

 「この数年、韓国作品のリメイクは相次いでおり、今年6月から9月まで放送された『未満警察ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)は韓国映画のリメイク、また、19年7月期のドラマ『ボイス 110緊急指令』(日本テレビ系)は韓国ドラマシリーズのリメイク、18年4月期のドラマ『シグナル長期未解決事件捜査班』(フジテレビ系)も韓国ドラマのリメイクとなっています。しかし、実はいずれも視聴率はいまいち。ジャニーズタレント主演の『未満警察』でさえ、全話平均視聴率9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、『ボイス』は10.9%、『シグナル』は7.7%となっています。ドラマも映画も世界中から評価されている韓国の作品ですが、リメイクはなかなかうまくいかないのは明らかで、ドラマファンからは『また韓国?』『成功すると思えない』といった声が上がっているようです」(ドラマライター)

当時の記事を読む

大倉忠義のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大倉忠義」に関する記事

「大倉忠義」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大倉忠義」の記事

次に読みたい「大倉忠義」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月30日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大倉忠義 Instagram
  2. 大倉忠義 ドラマ
  3. 大倉忠義 フライデー

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。