ルパンが日本に!?時価3500万円の絵画が忽然と消えた事件、犯人を知る人物が語ったヤバすぎる過去とは【未解決事件ファイル】

ルパンが日本に!?時価3500万円の絵画が忽然と消えた事件、犯人を知る人物が語ったヤバすぎる過去とは【未解決事件ファイル】
 1968年12月27日の早朝、「ロートレック展」最終日の準備が行われていた京都国立近代美術館で、一枚の絵画が盗まれる事件が発生した。盗難されたのはフランスから借りて展示されていた絵画「マルセル」。当時の時価で3500万円相当の値打ちがあったといい、担当の守衛は責任を感じ自殺をするなど、日本史上最大の絵画盗難事件となった。一体、何が起きたのか。

 事件が起きた京都国立近代美術館では、1968年11月9日からフランスの巨匠「アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック」の作品を紹介する展覧会「ロートレック展」が開催されていた。会場は連日の大盛況で、12月25日までの会期が2日間延長されるほどだったという。盗まれた「マルセル」は、1階展示室の中央北にある特等席に飾られていた。開館前の朝になって職員が盗難に気付いたといい、盗まれたのは26日夜から27日未明だと見られている。夜間のパトロールには当時55歳だった守衛一人がついていただけだったという。責任を感じたのか、翌月に守衛は自殺した。

 一体、犯人は何者なのか。警察の捜査で浮かび上がってきたのは、意外な犯人の狙いだったという。「ロートレック展」では作品231点が展示されていたが、実は盗まれた「マルセル」以上に時価総額が高い作品もあった。しかも、その作品は「マルセル」のすぐ隣に飾られていたのだという。このことから、警察は犯人が換金目的ではなく、「マルセル」が欲しいファンだったのではないかと推測した。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月26日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。