加藤茶の妻「夫を守るため司法書士をめざす」8年がかりの挑戦 『バイキング』での告白に賛否の声
拡大する(全1枚)
 6日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)が、加藤茶の妻・綾菜さんの司法書士に挑戦する夢に批判が集まっているとの話題を取り上げた。この日VTR出演した綾菜さんの発言を巡り、再び議論が起こっている。

 綾菜さんは1月3日、WEBサイト『Hint-Pot』に掲載されたインタビュー記事で、司法書士になりたいとの夢を語っていた。同番組のインタビューで綾菜さんは「尊敬する人が司法書士の資格を持っており、生き生きとしているのを見て、私もそんな40代になりたいと思った」と明かし、業務内容を知らないまま司法書士を志したと赤裸々に動機を語った。司法書士は合格率4%程度の難関資格だが、2020年6月から勉強を始めたという綾菜さんは「1日2時間勉強して8年でどうにか…」と、取得までの計画を明かした。

 「投資の話などを持ちかける悪い人が寄ってきたら(司法書士として)法律でカトちゃんを守っていきたい、最高の奥さんになりたい」と語った綾菜さん。そんな彼女に対して、加藤茶は「司法書士をめざすなんて世間に宣言したらダメだよ、また叩かれるぞ」と心配していたようだ。

 ​>>加藤茶の妻・綾菜、自転車ボコボコにされ木に吊るされた? 新婚当初の恐怖体験を告白<<​​​

 番組内では綾菜さんへの批判の声として上がっている「なんで司法書士?資格じゃなくて財産取るんでしょ」「なんか怖い裏がありそう」といった内容をフリップで紹介。