「結婚できなかったら死ぬ」アイドル歌手のコンサートに乱入し包丁を振り回した少年【衝撃の未成年犯罪事件簿】

「結婚できなかったら死ぬ」アイドル歌手のコンサートに乱入し包丁を振り回した少年【衝撃の未成年犯罪事件簿】
 「公演中のアイドル歌手が舞台上で刺され重傷」
 衝撃の事件が発生したのは1966(昭和41)年5月9日のことであった。刺されたのは双子のデュオ歌手「こまどり姉妹」の妹である並木葉子で、腹部と左手を刺身包丁で刺されたのだ。

 葉子は、鳥取県倉吉市で行われたコンサートで事件に見舞われた。こまどり姉妹は1959年にデビュー。愛らしい見た目と歌唱力、特技の三味線を生かし「演歌版ザ・ピーナッツ」としてデビュー2年目の1961年から『NHK紅白歌合戦』に連続出場するなど絶頂期にある中での悲劇だった。

 犯人は当時18歳の少年Aで、彼は「こまどり姉妹」の熱狂的ファンであった。彼は鳥取県で生まれ中学を卒業し、16歳で県内の会社に就職したが、しばらくして退職し、以来家に引きこもっていたという。

 そんなAが熱中したのがテレビで歌う、こまどり姉妹の姿であった。

 彼は姉である栄子の大ファンで、所属事務所宛てにファンレターを約20通送っていたが、返事がなく落ち込んでいたという。

 そんななか、鳥取県でこまどり姉妹のコンサートが行われることを知った。Aは返事がなかったことへの恨み、そして「栄子さんと結婚できなかったら死ぬ」という想いを胸にコンサートに出かけた。

 そしてAはコンサートが終わる直前、舞台上のこまどり姉妹に花束を渡すために近づき、葉子に抱き付いた瞬間に腹を包丁で刺したのだ。

 驚いた警備員がAと葉子を引き離そうとしたが、Aは自分の腹も切り裂いており、会場は一転、大パニックとなってしまった。

 なお、Aが大ファンであった栄子ではなく葉子を刺したのは、気が動転しており間違えてしまったためという。

 腹を刺された葉子は一時重体だったが、奇跡的に回復し1カ月ほどで復帰。その後Aの傷も回復し、Aは殺人未遂で逮捕された。懲役4年以上、7年以下の不定期刑を言い渡されたという。なお、こまどり姉妹は2021年現在も引退せず現役で精力的な活動を続けている。

文:穂積昭雪(山口敏太郎事務所)

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。