母子4人が惨殺、女と男で殺害方法を変えた犯人の狙いは 近隣住民も気になる証言【未解決事件ファイル】

母子4人が惨殺、女と男で殺害方法を変えた犯人の狙いは 近隣住民も気になる証言【未解決事件ファイル】
拡大する(全1枚)
 2004年9月9日未明、愛知県豊明市沓掛町の民家で母子4人が何者かに殺害され、建物が放火される事件が発生した。事件の1年前から、何者かが被害者宅のドアを無理やり開けようとしている姿が近隣住民に目撃されていたというが、犯人との関係は分かっていない。2021年2月現在も事件は未解決のままとなっている。

 事件が発覚したのは午前4時25分頃。近隣住民から「近所の民家が燃えている」と消防署に119番通報が入った。消火活動により火はまもなく消し止められたものの、焼け跡から当時38歳の母親、当時15歳の長男、当時13歳の長女、当時9歳の次男、計4人の遺体が発見された。当時、父親は仕事のため外出しており無事だった。前日の午後11時に父親が母親に「残業で遅くなる」と電話で連絡した際には、特に異変はなかったという。

 当初は事件性のない火災事故だと思われていたが、警察と消防の現場検証により恐ろしい事実が浮かび上がってきた。室内には灯油が意図的に撒かれた跡が残されており、遺体からは損傷の痕跡が残されていたのだ。警察はすぐさま殺人放火事件と断定し、特別捜査本部が設置された。

 しかし、捜査はすぐに難航してしまう。事件発生時が未明だったこともあり、ほとんど目撃証言が集まらなかったのだ。現場に残された痕跡はというと、犯人に繋がる証拠はほとんど見つからない一方で、不可解な点が次々と浮かび上がってきた。

 ​>>ミイラ化した頭蓋骨で見つかった30歳男性「まずい女に引っかかった」と言い残す、その正体は【未解決事件ファイル】<<

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。