ラーメンレポートが「うざい」「気持ち悪い」不評な上セクハラ発言も? しずる村上のロケに批判の声
拡大する(全1枚)
 3月16日にテレビ東京で放送された特番『デカ盛りハンタースペシャル』に出演したお笑いコンビ・しずるの村上純のレポートがネットで不評を買っている。

 デカ盛りメニューを追う同番組で、村上は大食いアイドルのもえのあずき(もえあず)と環七通り沿いにある人気ラーメン店5軒を巡った。

 村上は人気ラーメン店「ラーメン二郎」に関する本を書くほどのラーメン通。ロケでは店に関する知識を披露しながら、もえあずをサポートした。

 だが、ネットでは村上のレポートに対し「うざい」「気持ち悪い」などと批判する声が相次いでしまった。

 村上はあるラーメン店で「スープの味をダイレクトに味わいたい」と、れんげを使わずに器に口をつけてスープを直飲み。マナー違反ともとれる行動をとったほか、太麺が自慢の店ではもえあずが「ぶっとい」と感想を口にしたところ、村上は「いや、女の子の口から『ぶっとい』なんて言葉が聞けるなんて……」とセクハラととられかねない言葉を放った。

 >>しずる村上に後輩が「なんでそんなことするんだろう」と訴え トラブルを抱えるも大騒動にならないワケ<<

 この村上のレポートぶりにネットでは「今の『ぶっとい』は完全にセクハラでは?」「村上の通ぶった発言が無理」といった声が相次いでいた。

 村上は二郎系ラーメンの食べ方のテクニックがあるとし、麺の上にのった山盛りの野菜を麺の下にくぐらせる「天地返し」を、わが物顔でもえあずに披露。またオープン後、18年しかたっていないラーメン店に「自分は15歳の頃から25年は通ってる」と口にしたが、明らかに計算が合っていなかった。

 村上の「ラーメン愛」は本物だろうが、以前村上は書籍を出版した際に、ラーメン二郎の店主とトラブルに発展したと報道されたこともある。

 「グルメキャラ」で売り出したアンジャッシュ渡部建が休養中の今、グルメに詳しい芸人として村上にお鉢が回ってきたのかもしれないが、その空いた枠を埋めるにはまだまだ至らないようだ。