芸人やミュージシャン、俳優夫婦も コロナをきっかけに東京を離れた芸能人たち
拡大する(全1枚)
 2020年の初頭から、全世界的な流行を見せ、未だ収束する気配のない新型コロナウイルスは、人々の生活に多くの価値観の変化をもたらした。それは芸能人とて例外ではない。

 女優でタレントの熊谷真実はコロナをきっかけに、2020年8月に静岡県浜松市へ移住した。18歳歳下の夫で書道家の中沢希水氏の出身地であった。熊谷は移住直後に出演した『バイキング』(フジテレビ系)では、コロナで人と会えなくなり、「勉強の場」と捉えていた展覧会や美術展も無くなり、「東京にいるメリットを感じなくなった」と語っていた。その後、熊谷は昨年12月に浜松市やらまいか大使に委嘱された。なお、中沢氏とは今年3月25日に離婚している。

 一方、コロナ禍以前にすでに東京を離れていた芸能人もいる。『エンタの神様』(日本テレビ系)で「ギター侍」として出演し、一世を風靡した波田陽区は、2016年4月から福岡県福岡市に移住し、地域のローカルタレントとして活躍している。もともと山口県下関市出身で、大学は熊本県と、地域と縁がある人物だけに、地元からは歓迎されているようだ。

 >>コロナ禍で方向転換失敗?「マンネリ」「やる気喪失」好感度落とした芸能人<<

 シャ乱Qのドラマーとして知られるミュージシャンのまことは、大阪府出身ながら現在は山梨県に一軒家を建て、妻で元フジテレビアナウンサーの富永美樹と暮らしている。この前には、静岡県沼津市の海辺の街への短期移住も行っている。まことはアウトドア好きとあって、やはり自然の多い環境に惹かれるのだろう。YouTuberとしても活動し、「まこっチャンネル」では連日のように焚火やキャンプの様子を配信している。