なぜ同情を買えない?  マリエ、“炎上商法”だけでなく透けて見えていた狙いとは
拡大する(全1枚)
 タレントのマリエが、15年ほど前に島田紳助氏から枕営業を要求されたことを4日、インスタライブで暴露した。マリエは動画の中で、その場で交わされた性的な会話の詳細や、その後相談しても守ってくれなかった事務所に対する思いなどを語り、当時18歳だった自身にとって非常にショッキングな出来事だったと明かした。

 15年前といえば、業界を問わずセクハラやパワハラが横行し、枕営業というキーワードも飛び交っていた時代だ。女性の立場もまだ弱く、ましてやマリエは当時未成年で、芸能界に入ったばかりということもあり、マリエがつらい思いをしたと話せば、同情されて然るべきエピソードである。

 ところが今回、ネットの反響はというと、意外にもマリエに対する同情の声はそう多くなかった。なぜだろうか。

 まず、ライブ動画が公開されてからほどなくして、マリエが近く本を出版するという情報が明らかになったことは大きかった。これによって、告発直後からネットで多くあがっていた「なぜ今?」という疑問について、「販促目的で注目を浴びるために告発した」と結論づける人が多くいた。

 さらにその後、マリエが24日にイベント開催を予定していることをインスタグラムで告知したところ、「イベント集客のための告発だったのでは」と捉える人も少なくなかった。海外の「MeToo運動」にしろ、本来なら勇気ある告白は称賛されるべきはずなのだが、その行動の先に商売がちらついたことによって、見ている側に良くない印象を与えてしまったようだ。