パワハラ、モラハラ、セクハラ、どれも処分が軽い? 教師による教師へのハラスメント報道

パワハラ、モラハラ、セクハラ、どれも処分が軽い? 教師による教師へのハラスメント報道
拡大する(全1枚)
 教師はかつて「聖職者」と称され、尊敬される存在だったが、昨今は犯罪に手を染めるケースが多々あり、信用が失墜している感がある。
 
 中でも驚いてしまうのが、教師による教師へのハラスメント。子どもに常識を教える立場の人間が、著しく常識から外れた行動を取っているのは驚きだ。

 2019年には、大阪府南部の府立特別支援学校に勤務する30代の男性教諭が、58歳の女性教諭に注意されたことに腹を立て、「お前もそこらへんのおばさんと一緒やったのう。見ててムカムカする。さっさと消えろ」と怒鳴る、多数の教員の前で「恥をかかせた」と罵倒し、謝罪を要求するなどして、休職に追い込む事案が発生している。この男性教諭は他の教諭にも机を蹴る、扇風機を壊すなどの行為をしたが、懲戒処分は受けていないと言う。女性教諭は大阪府に慰謝料請求の訴訟を起こした。

 同じく、大阪府堺市では2021年2月、市立小学校に勤務する51歳の女性教頭が、児童に「一番暇な先生は誰?」と休み時間中の児童に聴き、教職員の忘年会でクイズとして出題し、さらに職員室に居づらくなるよう怒鳴るなどの嫌がらせも行っていたとして、戒告の懲戒処分を受けた。

 同月には、兵庫県でも阪神地区の50代男性教諭が、赴任したばかりの女性職員が妊娠したことに憤り、「何しにこの学校に来たんや」と発言。また出産を控えた際には腹を触り、さらに女性が産休・育休から復職した際にも「お腹はもとに戻ったか」と発言して腹を触ったとして、停職1か月の懲戒処分を受けた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「セクハラ」に関する記事

「セクハラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セクハラ」の記事

次に読みたい「セクハラ」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク