外出自粛中だからGW開けでも五月病とは無縁? むしろリスクは高くなる恐れ

外出自粛中だからGW開けでも五月病とは無縁? むしろリスクは高くなる恐れ
拡大する(全1枚)
 政府は4月23日、東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に対して、25日から5月11日の期間で緊急事態宣言を発令した。酒類を提供する飲食店や、生活必需品の売り場を除く1000平方メートル以上の大型商業施設に休業を要請するなどして、短期に集中して新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込みたい考えだ。

 5月といえば、ゴールデンウィーク明けに見舞われやすい「五月病」が例年話題になる。昨年や今年のように大型連休中に自粛生活をしなければならない異例の場合では、例年と同じく五月病症状が増えるのだろうか。中には、「外出できず遊びに行けない休日なので、仕事始めに気分の落差が生じない分、五月病にかかりにくいのでは?」と考える人もいるかもしれない。しかし、これには誤解がある。むしろ、大型連休中の自粛生活だからこそ五月病発症のリスクが高くなる恐れがあるのだ。

 そもそも「五月病」は正式な医学名称ではなく、5月ごろに患う適応障害、うつ病、不眠症などの精神疾患をはじめ、集中力が続かない、疲れやすくなった、倦怠感がある、やる気が出ない、気分が落ち込む、強い不安感といった、比較的軽度な気分の不調も含む症状をさす。また、これらの精神面の不調に自覚がなく、頭痛が治らない、目まいがする、肩こりがひどいといった身体症状が出る場合もある。

 五月病の原因は、4月の年度初め前後にたまったストレスや疲労の蓄積によるものだ。例えば、職場や人間関係、生活スタイルが一新するなどの大きな環境の変化に適応するために精神的なエネルギーを必要としたり、繁忙期で心身ともに酷使した場合、ちょうどこの時期に疲れが出やすくなる。また、受験や就職などの大きな目標を達成した後には、急に仕事や勉強に対する意欲を失ってしまう「燃え尽き症候群」の状態に陥ることもある。さらに、4月から5月にかけては季節の変わり目で気温の差が大きく、自律神経が乱れやすくなるなど、身体的にストレスがかかることも大きく関連しているとみられている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク