新日本プロレス2選手から新型コロナ陽性反応と発表「治療に専念してまいります」

新日本プロレス2選手から新型コロナ陽性反応と発表「治療に専念してまいります」
拡大する(全1枚)
 新日本プロレスは5日、PCR検査の結果、2選手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。

 新日本では、4日に開催されたビッグマッチ『レスリングどんたく』福岡国際センター大会の試合前、リングに上がった菅林直樹会長から「本日出場予定の選手に、今朝、発熱が確認されました。現在PCR検査・抗原検査を行っております。発熱が確認された選手と5月1日別府大会以降に試合をした選手も、ただいま検査を受診中で、大事を取り本日の試合を欠場させていただくことになりました。なお、本日は政府が定めるルール、医事委員会のルールに則り、大会を開催いたします。また、本日出場予定の選手・スタッフの健康上の問題はございません。一部対戦カードが変更となりますことをご了承ください」と説明。当日は、オカダ・カズチカ、YOH、SHO、鈴木みのる、エル・デスペラード、金丸義信が欠場している。

 新日本は「毎日の体温管理、血中酸素飽和度の把握、定期的な検査等を行っており、今シリーズ開幕前にも、出場選手、スタッフ全員がPCR検査による事前スクリーニングをクリアしております。5月4日福岡国際センター大会の午前中に、当該選手2名に発熱等があったため、新型コロナウイルス判定基準に従って検査したところ陽性となりました。それに伴い、2大会前からの濃厚接触者も欠場としました。現在、2選手とも軽症ではありますが、今後も保健所、医療機関等の指導の下、治療に専念してまいります」と改めて説明。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新日本プロレス」に関する記事

「新日本プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新日本プロレス」の記事

次に読みたい「新日本プロレス」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク