関西テレビで2007年5月にスタートした関ジャニ∞の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」が6月30日深夜、最終回を迎えた。

 終了が発表されたのは前週、23日の放送で、番組の最後にいきなり〝最終回の予告VTR〟が流され、メンバーの横山裕が「さみしいよ。
14年もやってきたし。でも、ここからなんか恩返し」としみじみと語っていた。

 番組スタート以来、メンバー全員が出演。全国的にブレークした後も、わざわざ地元の大阪へ戻ってきて、一般観覧番組として収録を行っていたほど愛着のある番組だった。

 最終回では、メンバーの大倉忠義安田章大とそれぞれ親交がある大竹しのぶ泉ピン子のほか、ヒロミ宮根誠司、ハイヒール・モモコ、ますだおかだ岡田圭右らからメッセージが届いた。

 ​>>「嵐の後輩グループが看板になって頑張らんと」関ジャニ村上、後輩グループに苦言?<<​​​

 ゲストで落語家笑福亭鶴瓶は「大阪で特番やったらええ。
『ジャニ勉』の復活みたいな特番みたいなんやったらええんや」と提案。

 ラストで村上信五は、「スタッフの皆さん、視聴者の皆さん、14年と2カ月、本当にありがとうございました。お世話になりました。また何かの形でお会いしたいと思います。それではまた会うときまで、さようなら」とあいさつし番組を締めた。

 「番組の突然の終了に、ファンたちもざわついてしまっている。
関ジャニといえば、大倉については以前から脱退説がささやかれていたが、ここにきて、またメンバーたちのソロ活動が増えてきた。『このまま、解散発表があるのでは』とのうわさも流れ始めた」(芸能記者)

 そんな状況になるのも、それなりの理由があるようだ。

 「ジャニーズ滝沢秀明副社長が先頭に立ちジャニーズJr.内のユニットの売り出しに力を入れている。その一方、横山と大倉は関西ジャニーズJr.内のユニットをプロデュース。横山と大倉は裏方もこなしながら活動し、ほかのメンバーはソロに専念。そうするために、グループとしての活動休止は十分に可能性がある」(同)

 ファンにとっては不安な日々が続きそうだ。