華原朋美、「会社ぐるみのお付き合い」で73歳会社会長と“愛人”を超えた関係に?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】
拡大する(全1枚)
 歌手の華原朋美が16日、自身の専属マネジャーを務めるイベント会社社長の男性(以下マネジャー)との交際を『FRIDAY』(講談社)に報じられた。同誌は今月、都内のコンビニで華原親子とともにマネジャーが一緒に買い物する現場をキャッチ。華原の長男を挟んで3人で手をつなぐ3ショットや、マネジャーが華原の高級自宅マンションで生活を共にしていることなどを掲載。すると、マネジャーは『日刊スポーツ』の取材に応じ、交際を否定した上で「テレビ番組の企画で密着」と説明した。また、華原宅への出入りについては、「撮影でカメラを回すため」と主張し、「密着は1年間続けます」と明言した。

 華原といえば今年4月、週刊誌記者に尾行され、男性記者から腕をつかまれるなどの“暴行”を受けたと主張。男性記者があえなく警視庁に逮捕された事件は記憶に新しい。当時、華原がなぜ週刊誌に追いかけられたのか疑問視されていたが、一部では今春の時点で華原の熱愛をかぎつけ、追跡していたと報じられている。

 ​>>新婚妻の妊娠中に半裸状態で個室マッサージ不倫? ISSA、“イクメンキャラ”台無しに【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】<<​​​

 相変わらずお騒がせな華原だが、同誌は2018年7月に大手不動産企業の飯田グループホールディングス代表取締役会長・森和彦氏との不倫疑惑を報じている。同誌によれば、高級ステーキ店で食事を楽しんだ2人は腕を組みながら、待機していた黒塗りの送迎車に乗り込むと、華原の高級自宅マンションに消えていったという。