72歳男、散歩中の犬に激怒し女性に暴行 相次ぐ犬の散歩を発端とした暴力事件、突然犬を蹴った男も

72歳男、散歩中の犬に激怒し女性に暴行 相次ぐ犬の散歩を発端とした暴力事件、突然犬を蹴った男も
拡大する(全1枚)
 兵庫県神戸市須磨区で、72歳の男が52歳の女性にけがをさせたとして逮捕されたことが判明。その行動と動機に驚きが広がっている。

 事件が発生したのは7月21日午後9時20分頃。同区の公園で、女性の犬が男の荷物に近づいたところ、男性が「近づくな」と注意したことから口論になり、持っていた園芸用の長さ2メートルの棒を振り回し、女性の左腕にけがをさせた。

 >>55歳ペット訓練施設経営の男、預かった犬を怪我させて逮捕 両耳が凍傷、尻尾の骨も折れていた<<

 その後、通報を受けた警察官が男を逮捕。神戸市須磨区に住む自称不動産賃貸業の男は取り調べに「そんなことはしていない」と容疑を否認しているという。詳細は不明だが、犬が荷物に近づいたことが事件の発端であることは間違いない。暴力行為は許されないものだが、散歩の方法にも問題があると言わざるを得ないだろう。

 犬の散歩をきっかけとした事件は度々発生している。2020年10月には、福岡県須恵町で、81歳の秋田犬保存会九州総支部長だった男の飼う犬が43歳男性のコーギーにかみつき、口論に発展。81歳の男が43歳男性の顔を10発以上殴り、ケガをさせている。

 また、同年12月にも埼玉県川口市で、70代の男性が小型犬のパピヨンをリードをつけない状態で散歩させていたところ、ランニングしていた47歳男が突然蹴り上げ立ち去るという事件が発生している。蹴られた犬は首の骨を折り、耳から血を流して即死した。この事件で、川口市内に住む47歳の男が動物愛護法違反の疑いで逮捕されている。

 散歩には一定の危険が潜んでいるということを、飼い主は認識する必要がありそうだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク