Snow Man、『おそ松さん』実写化で批判?「炎上商法レベル」の声も 設定無視&オリキャラに双方ファンから悲鳴

Snow Man、『おそ松さん』実写化で批判?「炎上商法レベル」の声も 設定無視&オリキャラに双方ファンから悲鳴
拡大する(全1枚)
 ジャニーズの9人組アイドルグループ・Snow Manが、アニメ『おそ松さん』を実写化した映画で主演を務めることが判明し、双方のファンから悲鳴が上がっている。

 漫画家・赤塚不二夫さんのギャグ漫画『おそ松くん』を原作にしたアニメ『おそ松さん』。『おそ松くん』の六つ子が成長して大人になったという設定で、2015年に放送されて以降、社会現象を引き起こすほどの大ヒットとなっていた。

 ​>>キンプリも超えた? Snow ManがSixTONESの人気を上回り始めた理由<<​​​

 2019年には劇場版も公開。2022、2023年には新作アニメの劇場公開も控えている中、発表された今回の実写映画化。しかし、『おそ松さん』ファンから聞かれているのはほとんどがネガティブな声だという。

 「今回の発表で明らかになったのは、メンバーの人数に合わせて、六つ子のほかに3人のオリジナルキャラクターを作るということ。名前は『エンド』、『クローズ』、『ピリオド』と、いずれも“終わり”を意味するキャラクターになっています。しかし、わざわざオリジナルキャラクターを作ってまで人数合わせすることに対し、ネットからは『おそ松さん関係ない、ただ同じ名前使ってるだけのSnowManの映画じゃん』『炎上商法レベル』『オリキャラまで出すって無理ある』という批判が集まっています」(芸能ライター)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「Snow Man」に関する記事

「Snow Man」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Snow Man」の記事

次に読みたい「Snow Man」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク