『デカ盛りハンター』で露骨なヤラセ演出?「調整が露骨すぎる」横山由依らに疑問の声
拡大する(全1枚)
 8月24日に放送された『デカ盛りハンター』(テレビ東京系)の内容が物議を醸している。

 「大食いドリームマッチ」という企画を放送した。大食いアイドルの「もえあず」こと、もえのあずき率いる「女性ハンター軍」と、強靭な肉体を持つアメリカンフットボールの「イコールワン福岡SUNS」の選手たちがファミリーレストラン「ビッグボーイ」で対決。チーム3人の食べた総重量を競う団体戦を行った。

 だが、この団体戦にワザと番組を盛り上げるための「露骨な調整」があったのではないかとネットで話題になった。

 ​>>『水ダウ』出演の大食いアナに「やる気なさすぎ」全然食べず批判相次ぐ スタジオでも触れられず?<<​​​

 「女性ハンター軍」の先鋒として登場したのは、AKB48のメンバー横山由依。横山はAKB48内では大食いとして知られており、いずれも約300グラムの俵型ハンバーグと手ごねハンバーグをペロリと完食。だが、その後はセーブに入ったのか、注文したのはフライドポテト1皿。さらにポテトを一本一本食べるなど「大食い番組」とは思えない行為に出て、対戦相手のアメフト選手に2キロ以上の差をつけられてしまった。

 続いて、中堅として大食いアナウンサーとして知られる谷あさこが登場。アメフト選手と互角の食いっぷりを見せて奮闘したが、約2キロの差は縮められず、大将戦に持ち込まれた。

 だが、ここでもまた「調整」があったのか、アメフトチームはお笑い芸人からアメフト選手に転向した元