​​ダウンタウン松本「引退」発言が現実味? 近年の動きから見る変化

​​ダウンタウン松本「引退」発言が現実味? 近年の動きから見る変化
拡大する(全1枚)
 ダウンタウン松本人志(58)が5日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で芸能界引退を示唆した。BPO青少年委員会が「痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティー」を審議入りしたニュースを取り上げた際、「もう数年で辞めるんで。本当に本当に」などと発言。今年1月にも、同番組で65歳で引退すると語っていたため、彼の発言が現実味を帯びているのだ。

 「明石家さんまは60歳で引退すると発言。爆笑問題太田光から『ボロボロになるまでやってほしい』と言われ、撤回した過去があります。また、ビートたけしタモリなども引退に関する記事がたびたび出ていますが、引退する気配はない。むしろ、芸人たちの憧れとして芸能界に居続け、指針となっています。特に松本は、お笑い界を変えた偉人とも呼べる1人。引退となれば、多くの芸人から引き留められる事は必至です」(芸能ライター)

 ​>>松本人志の「干され」言及が話題 さんま、ウンナン内村もテレビ朝日に出演していないワケは<<​​​

 2020年から松本の動きが活発化しているのは事実。昨年あたりからコンビではなく単体で、フジテレビの『まつもtoなかい~マッチングな夜~』、『まっちゃんねる』、『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』、TBSでは『審査員長・松本人志』など、スペシャル番組に立て続けに出演している。これら全ては、レギュラー番組で共にしているスタッフが立ち上げたものであり、そうした関係性から出演した可能性もあるが、こんな声もある。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ダウンタウン」に関する記事

「ダウンタウン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ダウンタウン」の記事

次に読みたい「ダウンタウン」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク