老舗小説雑誌が異例の完売、圧倒的影響力でジャニーズに文学界からのオファーが増える?

老舗小説雑誌が異例の完売、圧倒的影響力でジャニーズに文学界からのオファーが増える?
拡大する(全1枚)
 ジャニーズWESTの中間淳太が表紙を務めた、講談社の老舗小説雑誌「小説現代 9月号」が売れ行き好調につき、創刊以来、初めて完売したことが発表されたと各メディアが報じた。

 1963年に創刊され、約60年の歴史を誇る同誌。今号では「令和探偵小説の進化と深化」特集として、ジャニーズきってのミステリ愛好家である中間が細身のスーツに身を包み、安楽椅子に腰かけ読書をする探偵のイメージで表紙&グラビアに登場。偏愛する三つの探偵小説シリーズや、自身の創作活動についてインタビューに応えている。

 ​>>日曜昼にジャニーズ番組が増えたワケ 裏側にはあの人気番組の影響か<<​​​

 また、発売日に三刷となったお笑いトリオ・四千頭身の後藤拓実の爆笑エッセー「これこそが後藤」、紅玉いづき氏による人気声優たちの朗読舞台「池袋裏百物語」の原作小説、女優の森川葵のエッセー「じんせいに諦めがつかない」なども掲載されている。

 「なかなか、後藤のエッセーを読むためにファンたちが購入したとは考えにくく、明らかに中間やWESTのファンたちが買い占めたのでは。もともと、発行部数はそこまで多くないので、発行元もここまで売れるとは思わなかったのだろう。いずれにせよ、普段は買わない層に売れたことは間違いない」(出版業界関係者)

 中間と同じジャニーズ事務所の先輩では、作家としても活動するNEWS加藤シゲアキが発売した最新長編小説「オルタネート」(新潮社)で「第42回吉川英治文学新人賞」、さらには、高校生が選考する「第8回高校生直木賞」を受賞し文学界に貢献を果たした。

 「新たな読者層を開拓したいのならば、ジャニーズのタレントの手を借りない手はないだろう。おまけに、『フライデー』を発行する講談社、『週刊文春』を発行する文芸春秋などを〝味方〟につけておくことはジャニーズにとっても大いにメリットがある」(芸能記者)

 ジャニーズの所属タレントから、新たな作家がデビューする可能性もありそうだ。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャニーズ」に関する記事

「ジャニーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニーズ」の記事

次に読みたい「ジャニーズ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク