元金メダリストがマッサージ師にセクハラ…世間が驚く事件を起こしたパラアスリートたち

元金メダリストがマッサージ師にセクハラ…世間が驚く事件を起こしたパラアスリートたち
拡大する(全1枚)
 9月5日、東京2020パラリンピックが閉幕した。オリンピックにはない競技も多く、その魅力にハマった人も少なくないだろう。素晴らしい活躍を見せてくれたパラアスリートたちだが、大会終了後、事件を起こして、有名になってしまった人もいた。

 2013年のバレンタインデーに、南アフリカ・プレトリアの住宅で、交際相手の女性を射殺したとして、パラリンピック金メダリストの男Aが逮捕された有名事件だ。米TV局『FOX』が同年2月14日に報じている。

 ​>>バレーボール部顧問の21歳女、部員の17歳少女に性的暴行を加えて逮捕 ポッドキャストに「根深い問題」?<<​​​

 報道によると、プレトリア在住の男A(当時26歳)は、生まれつき両足の腓骨(ひこつ)がなく、生後11カ月のときに両ひざ下を切断。以後、義足を着用していた。Aは陸上トラック種目の南アフリカ代表に選出され、2004年アテネパラリンピックに出場、陸上200m(ヒザ下欠損クラス)で金メダル獲得、以後3大会連続でパラリンピックに出場し、金メダル合計6個を獲得する活躍を見せた。

 事件は、ロンドンパラリンピック出場から約5カ月後に発生した。2013年2月14日午前3時ころ、Aは、交際相手の当時30歳の女性を「侵入者」と勘違いし、トイレにいた女性をドア越しに銃で撃った。銃弾は木製ドアを貫通し、女性の頭、体などに4発命中、警察が駆け付けたときは、床が血の海だったそうだ。女性はその場で死亡が確認された。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「セクハラ」に関する記事

「セクハラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セクハラ」の記事

次に読みたい「セクハラ」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク