自宅リビングで主婦殺害、家族しか知り得ない情報を知る犯人とは? 証拠揃うも特定できず【未解決事件ファイル】

自宅リビングで主婦殺害、家族しか知り得ない情報を知る犯人とは? 証拠揃うも特定できず【未解決事件ファイル】
拡大する(全1枚)
 2001年6月29日午後2時50分頃、福岡県北九州市で殺人事件が起きた。被害者は30代の主婦。被害者の息子が通う幼稚園に迎えに来なかったことで、不審に思った幼稚園職員が被害者の息子とともに自宅を訪問。リビングでうつぶせになって死亡しているところを発見した。

 ​>>「用事がある」翌日に変死体となった男性、家族も友人も知らない顔が?【未解決事件ファイル】<<​​​

 現場には激しく争った形跡があり、財布などの貴重品が盗まれていたため、事件直後は赤の他人による強盗殺人が疑われた。しかし、捜査が進むにつれ、犯人は犯行直後に現場近くのATMで被害者のクレジットカードを使用し、現金を引き出していることが判明。被害者のクレジットカードの暗証番号を知っているのは家族だけであることから、身内による犯行の可能性も浮上した。しかし、犯行に及んだとされる時間は、家族全員にアリバイがある。警察は家族の犯行は考えられないと判断した。

 被害者の遺体は、犯人によって執拗に刃物で刺し続けられた状態であり、金銭を奪われていることから、被害者に対して恨みを持つ者による犯行の可能性も挙がっていた。しかし、被害者には身内や知人との金銭問題をはじめとしたトラブルは一切なし。明るく親切な性格は、子どもの通う幼稚園の保護者たちの間でもよく知られていた。被害者の母は「誰からも好かれる人間だった」と被害者について話している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク