大阪府東大阪市で、エレベーターの壁を保護するシートに火をつけたとして、21歳の男が逮捕された。

 事件が発生したのは9月3日の早朝。
東大阪市の近鉄線布施駅近くのビルで、エレベーターの壁を保護するシートに火がつけられた。火は自然に消火したため、大事には至らなかった。

 ​>>「勤務先で怒られてムシャクシャしていた」19歳少年、正当な理由なく包丁を所持し逮捕<<​​​

 その後、このビル内の飲食店に勤務する21歳の男が犯行に関与している疑いが高まり、建造物等以外放火の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、男は「日々溜まる仕事のストレスを発散するために火をつけた」と容疑を認めているという。このビルでは、同15日にも同様にエレベーターのシートが燃やされたほか、付近のビルでもエレベーター内でタオルが燃やされるなど、放火事件が相次いでいた。男はこれら放火についても容疑を認めており、警察が捜査を進めている。


 エレベーターのシートなどに火をつけ、燃え広がってしまった場合、多数の死者が出ることが予想される。それだけに、ネット上では「酷い犯罪。しかもストレスを発散するためなんて、狂っている」「火がついて燃えたところでストレスフリーになるわけではないだろう。意味がわからない」「死罪でもおかしくない。本当に許せない」と憤りの声が相次いでいる状況だ。

 放火事件については、京都アニメーション放火殺人事件のように、逃げ道が遮断されると、多数の死者を出してしまう。
今回は自然に消えたとのことだが、燃え広がった場合、ビル内にいる多くの人が死の危険にさらされるところだった。男の行動は、重罪と言えるだろう。