【放送事故伝説】『めざましテレビ』トレードマークを忘れた?前代未聞のハプニング

【放送事故伝説】『めざましテレビ』トレードマークを忘れた?前代未聞のハプニング
拡大する(全1枚)
 1994年から現在まで放送が続いているフジテレビの朝の長寿情報番組『めざましテレビ』。同じく朝に放送されていた『情報プレゼンター とくダネ!』が『めざまし8』にリニューアル&改題されるなど、もはや「めざまし」はフジテレビの朝を象徴するキーワードとなっている。

 『めざましテレビ』の顔といえば、初代総合司会の大塚範一や八木亜希子、加藤綾子など多数いたが、唯一1994年の番組開始当初から関わっているのがエンタメコーナーを担当している軽部真一アナウンサーである。

 ​>>【放送事故伝説】近年最も大規模だった?事故『ダウンタウンDX』事件<<​​​

 長寿音楽番組『ミュージックフェア』では司会として落ち着いた姿を見せている軽部アナの特徴といえば、小太りの体形に蝶ネクタイにメガネ。ほとんどの番組で、このスタイルを長年にわたり貫いている。

 だが、2020年9月30日放送の『めざましテレビ』では、軽部アナがトレードマークを忘れてめざましのスタジオに来てしまうという、かなり珍しいハプニングがあった。

 この日、いつものようにさっそうと登場した登場した軽部アナだったが、どこか様子がおかしかった。軽部アナはなんと自らのトレードマークである「メガネ」を忘れてきてしまったのだ。

 軽部アナは「控室に忘れてしまって……」と照れくさそうにしていたが、取りに戻るわけにもいかず、メガネなしで進行。出番のない間にメガネを持ってきたようで、その後は何事もなく装着していた。

 軽部アナの視力は不明だが、控室に忘れても特に問題なくニュースを読めることから、「実は伊達メガネなのでは?」という説も浮上しているようだ。

 なお軽部アナは、本番直前まで別な業務にあたっていることも多いようだ。2021年9月24日放送分では1週間の放送を振り返る企画で、打ち合わせに熱中しすぎるあまり本番まで残り15秒を切っても定位置におらず、オンエアの寸前に慌てて原稿を片手にカメラ前に登場したことを、藤本万梨乃アナウンサーから暴露されていた。

 これもベテランの余裕か?
編集部おすすめ

当時の記事を読む

八木亜希子のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「八木亜希子」に関する記事

「八木亜希子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「八木亜希子」の記事

次に読みたい「八木亜希子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク