「蝶のように舞い蜂のように“差す”」秋華賞 藤川京子の今日この頃

「蝶のように舞い蜂のように“差す”」秋華賞 藤川京子の今日この頃
拡大する(全1枚)
 ソダシちゃんが出走するだけで、競馬が華やかになります。可憐に走るソダシの姿は惚れ惚れします。優駿牝馬では長い距離でも折り合いが付かず負けてしまいましたが、前走の札幌記念2000mは走り切って勝ちました。今回も2000mなので前々でいつも通りの展開を見せてくれると思うので、右回りの方が得意だと思うし、今回も期待出来ると思います。

>>「キワドいメンバー」府中牝馬ステークス  藤川京子の今日この頃<<​​​

 それとアカイトリノムスメとユーバーレーベンですが、この2頭は優駿牝馬(オークス)の2着、1着馬で、特にアカイトリノムスメは父がディープインパクト、母がアパパネで、そのお父さんがキングカメハメハという超良血馬です。前走では後方待機のユーバーレーベンに負けてしまいましたが、アカイトリノムスメも外にコースを取れば分からなかったと思います。ソダシは少し折り合いがつかずに、騎手も終始コントロールに四苦八苦していたように見えましたので、最初から後方待機のユーバーレーベンと騎手の思惑が一致したのが勝因だと思います。今回は東京ではなく、阪神の右回りなので、少し勝手が違いますから前走の様にはならないと考えています。

 この折り合いが勝負の決め手になるとしたら、初戦から騎乗しているアンドヴァラナウトと福永祐一騎手のコンビが良さそうで、好タイム実績はありませんが、少しずつ前から中団への競馬を教えているような雰囲気もあり、前走はそれに応えるように差し切りました。それと高速馬場になっていた阪神の桜花賞で好タイム実績がある馬が多いですが、アンドヴァラナウトも桜花賞に出ていれば、似たようなタイムを出していたと思います。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク