乗組員たちが次々と死亡!?謎多き海難事故「オーラン・メダン号」事件とその真相

乗組員たちが次々と死亡!?謎多き海難事故「オーラン・メダン号」事件とその真相
拡大する(全1枚)
 世界中で報告されている海難事故の中でも、特に謎が多く不気味な事件とされているのが1948年に発生したオーラン・メダン号事件だ。

 1948年、マレーシアとインドネシアのスマトラ島の間にあるマラッカ海峡(約930キロ)を航行していたアメリカの船シルバースター号は、奇妙な緊急無線を受け取った。それはジャカルタへ向けて航行中だったオランダの商船オーラン・メダン号からのもので、無線技士のラビットという人物からのものだった。

 ​>>ロズウェル事件で回収された「空飛ぶ円盤」には謎のヒューマノイドが乗っていた?70年以上経って公開された手紙とは<<​​​

 内容は「私以外の船員が何かに襲われている。急に口から血を吐きながら倒れてしまった。既に絶命した者もいるが、私を含め何人かはまだ生きている。どうか助けてほしい」というせっぱ詰まったものだった。その後、意味不明のモールス信号を発した後「I die .」とだけ残して無線は切れた。

 シルバースター号は無線中継基地などの援助を得て、三角測量を用いてオーラン・メダン号の位置を特定して遭難したとみられる海域に向かった。無線から約3時間後、オーラン・メダン号は発見されたのだが、呼びかけても応答がない。そこでシルバースター号の船員たちがオーラン・メダン号の甲板に上がってみたところ、そこには驚くべき惨状が広がっていた。炎天下で急速に腐敗していく数々の遺体と、その肉をついばむカモメたち。当時のある記録によると、横たわった乗組員の死体は「太陽を見上げ、歯をむき出しにして、恐怖でこわばった顔をしていた」という。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク