俳優の役所広司が27日、都内で行われた東洋水産「マルちゃん正麺10周年記念」記者発表会に出席した。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 役所は「マルちゃん正麺」が発売された2011年から10年にわたって同商品のCMに出演する。
役所はこの日、東洋水産からそのことを表彰され、感謝状を送られたが、「人生で一番大きい賞状ですね。僕の方こそ感謝しないといけない10年。これからも頑張ります」と笑顔でコメント。

 CMの撮影については、「美味しくて楽しいCMになればいいなって思って撮影していました。料理をすることで家族が温かくなる、そんな雰囲気のCMになったなと思います」と手応えがあったと述べ、「10年も同じCMに出演させてもらうのは滅多にないこと。東洋水産様には撮影が入るたびにカップ麺とか差し入れをもらったり、本当にお世話になっています。
感謝しています」と嬉しそうに話す。

 そして、役所は「最初のCMに出た時はまだ若かった。でも、10年はあっという間。いつもスーパーとか行くと、必ず即席麺のコーナーに寄って、横目で(この商品が)売れてるかチェックするようになりました。気になって即席麺のコーナーを通過するのが、10年間続いています」とコメント。さらに、「10年やってるのでスタッフも顔なじみ。
明るい雰囲気でやっています。調子に乗りすぎないようにと思いながらやっています。これからも20周年に向けて、ファミリーを幸せにする温かいCMを作っていきたい」と意気込んだ。

 また、同商品についても、「お話をいただいた時に『嘘だと思うなら食べてください』という僕のセリフは大胆だなって思っていたんですけど、撮影を通じて実際に食べると、本当に美味しい。その味の良さを実感しながら、大胆なセリフも自然な感じで言うことができました」と話すなどお気に入りの様子だった。

(取材・文:名鹿祥史)