徳光和夫、セクハラ発言が致命傷? 地上波からお呼びがかからなくなる可能性も
拡大する(全1枚)
 フリーアナウンサーでタレントの徳光和夫が10月30日、お笑いコンビ浅草キッド水道橋博士がホスト役を務めるYouTubeチャンネル「水道橋博士の異常な対談」にゲスト出演した際の、時代錯誤の超ド級のセクハラ発言が波紋を広げている。

 ​>>ナイナイ岡村、イベント終わりの徳光和夫にシビれる「我々やったら険が立つ」矢部は「喋ったらエッチなおじさん」<<​​​

 徳光と水道橋は、現在もお笑い界の第一線で活躍するタレントの明石家さんまについてトーク。水道橋は「年齢の衰えを知らないですよね、さんま師匠は」と感嘆した。

 それに対して、徳光はさんまの外見がいまだ若々しいことに触れ、真顔で「まだAKBの1人や2人妊娠させられる」と発言。この発言に周囲のスタッフから笑い声が上がり、話を聞いていた水道橋も手を叩いてウケたが、ここでカットが入り次の話題に切り替わった。

 とはいえ、決して笑って済ませられるような発言ではなく、ネット上では、《完全にセクハラ》、《気持ち悪い》などと批判の声が殺到し炎上。

 また、一部ニュースサイトがこの件を記事にすると、当該部分の発言は削除されてしまったのだ。

 「徳光といえば、出演した今年の日本テレビ系24時間テレビ』でも失言。東京五輪のレスリング女子50キロ級で金メダルを獲得した須崎優衣選手が、ゲストとしてステージに上がった時に、『結婚してお子さんが誕生したら、あなたのレスリングや生き方を教えてあげてください』と熱いメッセージを送った。しかし、昨今では女性に結婚や出産を勧めるのはセクハラでアウト。だが、徳光の感覚ではそんなことは全く頭にないはず」(芸能記者)

 これまでは、多少毒を吐いてもその人柄で大目に見られていた徳光だが、さすがに今回はアウト。名前を出されたAKBもとんだとばっちりだ。

 「今までは紀行バラエティー番組『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日)など地上波の番組に登場する機会もあったが、さすがに今回の発言でしばらく地上波からはお呼びがかからないのでは」(テレビ局関係者)

 とはいえ、徳光本人がそんな状況に置かれていることを自覚しているのかが気になるところだ。