野手としても大活躍したエンゼルスの大谷翔平投手が15日、都内の日本記者クラブで会見し、その模様をテレビ各局の情報番組が報じた。

 10月下旬に帰国してから初めて公の場に姿を現して凱旋会見。
今オフは受賞ラッシュで、18日(日本時間19日)にア・リーグMVPの獲得も発表された。

 「日本国民の注目度は高いだけに、テレビ各局の番組は争奪戦を繰り広げている。すっかり大物大リーガーとなってしまっただけに、出演料も破格の扱い。とはいえ、数字は取れるので各局は惜しみなく支払う」(テレビ局関係者)

 >>大谷翔平の活躍への安藤和津の発言に視聴者ドン引き「こんな義母絶対無理」「柄本佑に失礼」の声も<<

 今後、しばらく日本に滞在すると思われるが、すでに国民的歌番組である大みそかのNHK・紅白が審査員のオファーを出したことが報じられている。

 「日本ハム時代に二刀流で大活躍した2016年も審査員を務めているが、今回はさらに選手としての価値が上がっている。審査員という枠に収めず、大谷の活躍を振り返るコーナーもできるのでは」(芸能記者)

 そんな中、暗号資産(仮想通貨)を取り扱うFTXと長期契約を結び、「グローバル・アンバサダー」に就任すると16日、同社が発表。


 会社のブランド向上や仮想通貨の認知度アップが狙いで、大谷は報酬の全てを仮想通貨や株式で受け取るというのだが……。

 「米国では日本と比べものにならないほど仮想通貨が流通しているので、全く問題にはならないかもしれないが、日本国内では仮想通貨を巡る詐欺事件が起こるなどあまり印象が良くない。そんな仮想通貨の広告塔を務めることになってしまっただけに、おそらく、おカタイNHKの幹部や制作サイドは大谷の起用について再検討するのでは。FTXという会社や、同社の商品を巡るトラブルがないかなど、調べることは山ほどありそうだ」(経済部記者)

 NHKの最終的なジャッジが注目される。