過去の芸人カップルあれこれ

過去の芸人カップルあれこれ

 芸人が芸人を口説き、やがて交際に発展するパターンは、意外と多い。しかし、売れない時代はともに相思相愛だったが、知名度や人気、収入面で格差が生じると、別離を迎える。有名なところでは、友近なだぎ武アジアン馬場園梓とWエンジン・チャンカワイ。最近では、キンタロー。と河口こうへい。

 いずれも、破局した今なお全員が独身を貫いており、女性芸人側が金満だ。反して、男性側がぶっちぎりで売れた例もある。たとえば、劇団ひとり

 作家、映画監督としても大成功を収めたひとりだが、20代のころ、わずかな期間ながらも同棲をしていた。お相手は、なかのよいこ。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の人気企画“細かすぎて伝わらないものまね選手権”では、トレンディドラマ『101回目のプロポーズ』(同)のときの浅野温子を持ちネタにしている、なかの。90年代、『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系)の企画“15少女漂流記”にみずからの意思で挑戦したことがきっかけで、ひとりと別れた。

 「悔しいです!」でおなじみのザブングル。“奇跡の顔面” 加藤歩は既婚者だが、いまだ独身の松尾陽介は、かなりのイケメン。売れない時代は、ゆみみという中谷美紀似の芸人と交際していた。彼女は現在、サンミュージックに籍を置き、イー☆ちゃんとコンビ芸人・マリアとして活動している。

 最後に紹介するのは、今なお旬が続いているアルコ&ピース。話術、ハスキーボイスともに優れている平子祐希は、愛妻家で子煩悩。ふたりの子どもがいる今でも、さかんに嫁を抱くことを、正々堂々と明かしている。相方の酒井健太は、やや女性的。『THE MANZAI 2011』でスターダムにのし上がるほんの少し前まで、ロリィタ族と交際していた。

 その名の通り、ロリータファッションに身を包み、やや病んだようにも見える、ロリィタ族。ラブラブだったころは、首を絞められながら愛し合うというプレーにハマったことがあったとか。某テレビ番組で酒井に復縁を迫るなどして、やや痛い…。

 探ればまだ出てきそうな芸人カップル。折を見てまた、紹介したい。(伊藤由華)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 友近 ライブ
友近のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2014年9月3日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「友近 + ライブ」のおすすめ記事

「友近 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「DAIGO」のニュース

次に読みたい関連記事「DAIGO」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中山秀征」のニュース

次に読みたい関連記事「中山秀征」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら