『帰れマンデー』にヤラセ疑惑?「普通置いていかないだろ」荒川静香の遅刻ハプニングが物議
拡大する(全1枚)
 11月29日に放送されたテレビ朝日のバラエティ番組『帰れマンデー見っけ隊!!』にて、またしても「ヤラセ」疑惑だ。

 この日「帰れマンデー」で放送されたのは、サンドウィッチマンがメインを務める「バスサンド」。サイコロを振り、出た目だけ路線バスに乗り、行く先々の飲食店を訪れる人気企画だ。

 この日のメンバーはサンドウィッチマンに加え、元フィギュアスケート選手の荒川静香、俳優の風間俊介お笑いコンビシソンヌらで、一行は日本百名山・茨城県の筑波山山頂をめざした。

 >>『帰れマンデー』松岡修造に視聴者ウンザリ?「いい加減しつこい」の声も 頻繁な番宣差し込みに苦言<<

 だが、OPには何故かゲストであるはずの荒川の姿は無い。荒川がいない理由について、サンドウィッチマンから「荒川静香さんがハプニングに巻き込まれておりまして」「なんと渋滞にハマっておりまして」とスケートの朝練を終えて車で茨城へ向かう最中、渋滞に巻き込まれ足止め。集合時間に間に合わず、ロケがスタートしてしまったのだ。

 しばらくして、荒川がロケ地に現れたのだが、既にサンドウィッチマン達一行はバスに乗って移動した後。聞き込み調査をしながら一行を追う展開となった。

 ゲストの遅刻は『帰れマンデー』では初の事態であり、番組を大きく盛り上げたが、ロケ番組でゲストを置いてスタートする事はかなりレアケースでもあるため、ネットでは一部で「荒川の遅刻は台本だったのでは?」「盛り上げるためのヤラセか?」「普通置いていかないだろ」といった指摘の声が相次いだ。

 また、この日の『帰れマンデー』は荒川が合流した後も、シソンヌのじろうが突然姿を消して小道具で扮装するミニコーナーが始まるなど、わざと妨害するような行動を行っており、これも「ピンチ演出のためのヤラセでは?」といった声も相次いだ。

 近年、『帰れマンデー』はサイコロに細工が施されていた等、「ヤラセがあったのでは」と厳しい目が向けられており、今回の「ゲストの遅刻」「謎の妨害行動」もヤラセをより疑われることとなった。