芸人の家族エピソードはユニークなものが多くネタにされがち。しかし、あの賞レースで活躍しているピン芸人は少し様子が違うようだ。


 ​>>キングオブコント芸人たちが飲食店経営でボロもうけ? バイトから会長まで登り詰めた芸人も<<​​​

 7日に配信されたニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)のYouTubeチャンネルに、『歌ネタ王決定戦2021』(MBS)優勝、『R-1グランプリ2021』(関西テレビ・フジテレビ系)で準優勝するなど、輝かしい成績を残しているZAZYがゲスト出演。父親の強烈エピソードを明かし、ニューヨークの2人と視聴者を驚かせた。

 「家族について話すことになった際、彼は『本邦初公開』という亡くなった父のエピソードを語り出しました。ZAZYの父は高校受験専門の個人塾を経営。今から20年以上前の話ですが、男女関係なく夜中まで居残りさせて勉強させるのはもちろん、生徒へ回し蹴りをしたり、顔を持って机に叩きつけたりするなど、子どもたちをボコボコにしていたそうです。更生施設の側面もあり、非行に走った子どもを親が入塾させることも……。
しっかり結果を出すので人気だったようですよ」(芸能ライター)

 父親は長男であるZAZYにも、勉強を強要。勉強中「寝たら殺す」と、背中に包丁を突きつけられたこともあったという。そうした破天荒な講師だったため、恨みを持った生徒も多数。塾にあり得ないほどの落書きをされたり、ZAZY自身が生徒からイジメられることもあったのだとか。しかし、ZAZY自身は父からの壮絶なパワハラやモラハラを受けていたため、イジメをイジメだと思っていなかったと振り返っていた。

 コメント欄では、ミステリアスだったZAZYから驚きの話を聞けたことから、「子どもにこれはキツかっただろうなあ。
よく歪まずに育ったわ」「辛い話も多いけどちゃんと笑えたから凄い」「ドラマみたいな人生歩んでいますよね」「これ聞いたらもっと応援したくなるじゃん」との書き込みがあった。

 このほかにも、高校時代や母親の驚愕エピソードを話したZAZY。動画の中では、こうした話をいつか、書籍などの「形にしたい」とこぼしていた。文才もある彼だけに、すぐにオファーが舞い込みそうだ。