『Mr.サンデー』フィギュア中継に「失礼すぎる」「見てて損した」批判集まる 追悼特集もブツ切り
拡大する(全1枚)
 26日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)のフィギュアスケートの特集を巡り、ネット上から批判の声が相次いで寄せられている。

 ​>>『何だコレ!?ミステリー』スタッフに「失礼では」の声 幻の呪術師が出演も扱いが物議<<​​​

 この日、フジテレビでは19時から『全日本フィギュアスケート選手権』を放送。『Mr.サンデー』は時間を変更して放送されていた。

 番組冒頭では、男子フリーで優勝した羽生結弦選手らの演技などを振り返り。その時点ではまだ確定していなかったものの、結果を踏まえて北京五輪に出場するフィギュアスケートの日本代表が決定されるとのこと。その後、選手の会見が行われるという流れになっており、冒頭特集の終わりにMCの宮根誠司は「選手の皆さんの喜びの声、もちろん生中継でお届けします」とアナウンスしていた。

 その後、番組では通常のニュースのほか、「天国からの“伝言”SP」として、今年亡くなった著名人のエピソードなどを紹介。その中で田中邦衛さんについて取り上げている最中、突如VTRがストップ。決定したフィギュアスケート北京五輪代表選手の会見に切り替わった。

 この突然の切り替わりに、ネット上からは「田中邦衛さんに失礼すぎる」「中途半端」「追悼特集はフィギュアの会見が始まるかチラチラ様子を窺いながらやるもんじゃない」「モヤモヤする」といった批判の声が噴出する事態になった。