解散も視野に…“クズ芸人”の我が家・杉山、先輩を巻き込んでトラブルに
拡大する(全1枚)
 “クズ芸人”の需要が高い。「キングオブコント2021」で空気階段が優勝して、多額な借金を抱えたまま妻子を養う鈴木もぐらがよりフィーチャー。ピン芸人の岡野陽一相席スタート・山添寛、ザ・マミィ・酒井貴士といった“借金4TOP”も軒並み仕事を増やした。

 ​>>サンド伊達がマジ説教で「こんなに怒るの初めて見た」「怖い」の声 空気階段もぐらも委縮?<<​​​

 対して、笑えない“キングオブクズ”もいる。性格と酒癖の悪さで破たんしたトリオ芸人の我が家・杉山裕之だ。03年に谷田部俊、坪倉由幸と我が家を結成。フルーツポンチやはんにゃ、ジャルジャルロッチ、しずるとゴールデンタイムのコント番組「爆笑レッドシアター」(フジテレビ系)で人気を博した。

 ところが、生き残っているのは俳優としても成功を収めた坪倉だけ。杉山は所属するワタナベエンターテインメントの九州事業本部に3年間左遷され、元来地味な谷田部も出番を欠いている。

 決定打となったのは、昼の情報帯番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)。3人がレギュラーメンバーだったが、12年に杉山と谷田部が卒業。坪倉だけが残った。これを機に、杉山は拠点を九州に移した。芸能ライターが言う。

 「九州事業本部の基盤をイチから築いたのは、ゴリけん、パラシュート部隊。彼らは杉山さんを迎え入れたのですが、当の本人は東京に帰ることが前提だったので、部屋を借りた方がいいというアドバイスを無視して、ホテル住まいを強行。関係を悪くさせました。さらに、