DeNAドラ1・小園「全員仲良い」 初の寮生活&新人合同自主トレは順調!
拡大する(全1枚)
 ベイスターズ期待のドラフト1位・小園健太が年明け間もない7日に入寮。翌日から新人合同自主トレもスタートし、プロとしての第一歩を歩み出した。

 父の運転する車で大阪の貝塚市を早朝2時に出発し、神奈川の横須賀まで遠路はるばるドライブしながら入寮した際、人生初の寮生活に「自分は経験したことがないので、少し不安もある。一日も早く環境に慣れていきたい」と素直な感情を吐露していたが「同期の高校生の子たちが仲良くしてくれて、先輩(ルーキー)たちも本当に良くしていただいて、全員仲いいと思います」と約1週間を経て環境にも順応してきた模様。特にドラフト4位の三浦銀二(法政大学)と、育成3位・大橋武尊(茨城アストロプラネッツ)のコンビには「いい声かけをしてくださってるイメージがあります」と年上のムードメーカーたちに感謝していた。

 自主トレーニングの内容には「経験したことのない練習がとても多くて、体ももちろんなんですけど、心も疲労があった」とプロの厳しい練習に戸惑いもあったと明かした。しかし第1クールを終え、初の休日を経て「1日休めたので、万全の状態でキャンプに入れるようにしっかりとやっていきたいと思います」と気を引き締めていた。
 
 横浜大洋ホエールズ時代を含め、高校卒ナンバーワン評価のピッチャーの指名は98年の松坂大輔氏以来と言っても過言ではなく、しかもクジで指名権を獲得したことは史上初とも言えるグッドニュース。三浦大輔現監督が長年背負い続け“横浜ナンバー”として準永久欠番扱いとなっていた18番をいきなり託すなど、ベイスターズにとって最大限の期待値を背負う小園。

 高卒2年目で早くもチームの中心選手として花開いた、佐々木朗希(ロッテ)や奥川恭伸(ヤクルト)、宮城大弥(オリックス)など、早くから戦力としてチームに貢献しているピッチャーも目立つが、まずはけがなく一歩一歩、順調にエースへの階段を上っていくことを期待したい。

取材・文・写真  /  萩原孝弘