昨年が10周年アニバーサリーだったKis-My-Ft2。直近の先輩グループは元SMAPだ。
SMAPのチーフマネージャーだった飯島三智さん(現:株式会社CULEN代表取締役)がキスマイも兼務したことで、デビューした2011年からバーター出演が増加。中居正広が、キスマイの前方である藤ヶ谷太輔玉森裕太北山宏光と圧倒的な格差をつけられていた後方の宮田俊哉二階堂高嗣千賀健永横尾渉を「舞祭組」と命名、プロデュースしたのも“飯島案件”だった。

 ​>>キムタク、ジャニーズからの独立説が浮上? ファミリービジネス展開か<<​​​

 デビュー直後に「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に出演。翌12年、藤ヶ谷は月9ドラマ「PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~」(同)に大抜てき。演じたのは、主役の木村拓哉の会社の後輩役。現実と類似した役柄だった。
これを機に2人は接近。撮影時には、木村の私物がどっさり詰まった段ボールが楽屋に届けられ、中には木村が気に入っていたローリングストーンズのキャップもあった。

 常連店に連れて行ってもらったこともある。

 「インディアンジュエリーの『ゴローズ』という店です。当日、木村さんから待ち合わせ場所の住所が送信されてきて、愛車で向かうとそこは御自宅。木村さんのオープンカーに乗り換えて店に向かい、『こういうのは自分でお店で買え』と提言されて、値段の張るバングルとネックレスを購入したそうです」(芸能ライター)

 2人の共通点は、ジーンズが似合う著名人に贈られる「ベストジーニスト」。
長年、一般選出部門で選出されたため、殿堂入りしている。(注・2012年までは5回、2013年からは3回が条件)

 元SMAPで殿堂入りと言えば、草なぎ剛。芸能界きってのジーンズ愛好家で、ヴィンテージジーンズだけで総額6000万円以上。藤ヶ谷とは翌13年、ドラマ「独身貴族」(フジ系)で共演している。撮影時、リーバイスの大戦モデルを穿いてきた草なぎから「藤ヶ谷くん、ジーンズ好きだよね? これ穿いてみて」と言われて試着すると、「僕より藤ヶ谷くんの方が似合うなぁ」と褒められ、世界でも数本しかない貴重なジーンズをもらった。

 中居とは、プライベートで泊まりの旅行をしている。
東日本大震災以降、何度もボランティアで現地を訪れていた中居は15年春、藤ヶ谷とその友人、弟を連れて1泊している。

 「初めての旅行で2人きりは気まずいと思い、中居さんは事前に『メンバーでもいいし、連れておいで。誰でもいいよ。藤ヶ谷の判断で構わないから』と伝えておきました。当日、待ち合わせ場所の東京駅に着くと、藤ヶ谷さんと一緒にいたのはまさかの身内。その人選は、中居さん的にかなりツボだったようです」(前出・芸能ライター)

 キスマイは「中居正広の身になる図書館」(テレビ朝日系)にランダムでレギュラー出演していた。
しかし、番組はSMAP解散後の19年3月に終了。最後の収録時、藤ヶ谷は中居から「お世話になったから」とルイ・ヴィトンのキャンパス・バックパックをもらっている。およそ32万9400円の高級品だ。

 キムタク、草なぎ、中居といった元SMAPから愛され過ぎた男・藤ヶ谷。貢がれ総額は、一体いくらになるのやら……。

(伊藤由華)