大ヒット配信中のドラマ『新聞記者』の残念な舞台裏 日本のテレビ局ならあり得ない?
拡大する(全1枚)
 今月13日にNetflixで女優の米倉涼子が主演するドラマ「新聞記者」の配信がスタート。「愛の不時着」、「梨泰院クラス」などの韓国ドラマや「鬼滅の刃」などと争いながら国内視聴ランキング1位を獲得するなど人気だ。

 ​>>『しゃべくり』チュート徳井、「目が泳いでいる」? 米倉涼子のトークに動揺か、反響相次ぐ<<​​​

 ドラマ版の基となった、各映画賞を席巻した映画「新聞記者」(19年公開)は、東京新聞・望月衣塑子記者の同名著書が原作で、今回のドラマ版も、タイトルも、監督も同一だ。

 会見で官房長官を質問攻めにするなど、明らかに望月記者がモデルの主人公の女性記者役を米倉、公文書改ざんを強いられた末に自死する財務局職員役を吉岡秀隆、悲嘆に暮れる妻役を寺島しのぶが熱演している。

 「劇中では公文書改ざんを命じられた官僚が自殺した事件が描かれているが、森友事件がなかったら今回のドラマは成り立たなかった。当初、米倉と小泉今日子の共演が発表されていたが、小泉が出演しなかったのが謎のまま。しかし、今回、記事が出たことでようやくその真相が明らかになった」(芸能記者)

 発売中の「週刊文春」(文芸春秋)によると、ドラマ化にあたって、森友事件の遺族・赤木雅子さんにドラマ化を持ちかけたのは望月記者で写真などの資料も借りていったという。

 ドラマのプロデューサーらも交え話し合いが重ねられたというが、赤木さんはプロデューサーの説明に違和感を覚え、制作を承諾せず。すると、そのうち、望月記者は赤木さんと絶縁。