お笑い芸人の間寛平が9日、都内で行われた「間寛平 吉本新喜劇 GM就任発表会見」に、新喜劇の座長であるすっちーと酒井藍、新喜劇に出演する未知やすえ太田芳伸ボンざわーるどと出席。新喜劇のGM就任を宣言した。

 間は昨年開催した「間寛平芸能生活50周年+1記念ツアー『いくつになってもあまえんぼう』」を評価され、今回、新喜劇のGMに就任。就任の経緯について問われると、「僕も吉本に入って今年で52年。50年の時に全国を新喜劇で回ろうとしていたんですけど、コロナでできなかった。去年『+1』の時に東京へ行ったら、社長が面白いって言ってくれて、会社の方に来てくれへんかと。奥さんも呼んでくれって。その場で『GMをお願いしたい』と言われた」と話す。

 就任依頼を受けた時は間自身も驚いたと言い、「『え!』ってなったんです。新喜劇にいる109人を育てて欲しいって言われて、『いや、社長、僕もまだ育っていないのに大丈夫ですか』って」とユーモアを交えて回顧。「今まで人を育てたことがないんです。弟子に来たのもほとんど育っていないんです。シベリア文太くらいかな。僕もこの年ですから引退を考えていたんです。でもこうして頼まれて、僕でも必要なのかと。そこまで言ってもらえるなら頑張ってみようかって。引き受けたわけです」と照れくさそうに振り返る。

 間は「嫁にも『あんた頑張り』って。『世話になったんやから』って。去年の6月くらいから月に2回くらい打ち合わせをして頑張っているところです。任してください。やります。大丈夫かと思われてるけどやりますよ。最近はずっと新喜劇を見ています。109人いてますけど、なかなか一人一人目が届かない。でも必ず大スターを作ります。もしダメなら僕のギャグを若手にあげます」と意気込み。