北京オリンピックで戦う選手たちは多くのドラマや感動を生み出したが、最も盛り上がりを見せた競技の一つが、平野歩夢選手が金メダルを獲得したスノーボード・男子ハーフパイプだろう。

 スノーボードで思い出されるのは、2010年のバンクーバーオリンピックに出場し何かと世間を騒がせた國母和宏だ。國母といえば、空港から現地に出発する際、ドレッドヘアに腰パン、ネクタイを緩ませた姿で登場し、その後の会見で服装の乱れについて問われると「反省してまーす」「チッ、うっせーな」との言葉を連発。そのアスリートらしからぬ態度に当時は「なめてる」「日本の代表として恥ずかしくないのか」などの批判が多く浴びせられた。

 ​>>「金がいいですう~」発言の銀メダリスト田島選手の現在は? 女優転身後意外な道へ<<​​​

 さらに國母は2019年には大麻取締法違反の容疑で逮捕され再び悪行で話題になってしまう。何かと競技以外で注目されることが多かった國母だが、今は何をしているのだろうか。

 「悪い面ばかりが目立った國母さんですが、競技者としての実績はすばらしく数々の大会で好成績を残してきました。2014年のソチオリンピックにはコーチとして日本代表のスノボチームを支え、平野選手の銀メダル獲得に貢献しています。平野選手も尊敬する選手として國母さんの名前を挙げることもあるほどでした。その後はコーチ業を離れますが、連盟は國母さんの高い経験値や人間性を評価して任命していたので、解任というよりは、自身もプロスノーボーダーとして活動しているため、その活動に力を入れたかったのだと思われます。実際、コーチを離れてからはプロスノーボーダーとしてアメリカを拠点として、スノーボードのビデオの撮影に出演するなどして活躍しています。年収は数千万円とも言われるほどです」(芸能記者)