52歳無職男、横浜から岐阜までタクシーで移動し料金支払わず現行犯逮捕
拡大する(全1枚)
画像はイメージです
 料金を支払う意思がないにもかかわらず、神奈川県横浜市南区から岐阜県岐阜市までタクシーに乗ったとして、横浜市内に住む52歳無職の男が逮捕された。

 男は8日午後6時55分頃、横浜市南区宮元町でタクシーに乗り込むと、岐阜市上加納山に向かう。およそ5時間をかけて到着すると、料金16万4220円を支払うことができないことが判明。45歳のタクシー運転手がそのまま警察署まで連れて行き、詐欺の疑いで現行犯逮捕した。なお、男の所持金は1万3733円だった。

 >>27歳会社員男、キャバクラで865万2000円を無銭飲食 10万円のシャンパンを80本以上注文<<

 今回のような、長距離移動によるタクシー無賃乗車は多々発生している。2021年12月には、埼玉県大宮市のJR大宮駅から新潟県新潟市のJR新潟駅までタクシーで移動した当時30歳派遣社員の男が、料金13万4230円を支払わなかったとして、詐欺の疑いで現行犯逮捕された。この男は「クレジットカードで払おうとしたが、忘れた」などと供述していた。

 さらに、同年1月にも、神奈川県横浜市のJR戸塚駅から鳥取県鳥取市のJR鳥取駅まで「砂丘が見たい」などと言って乗り込んだ女が、料金23万6690円を支払わなかったとして、詐欺の疑いで現行犯逮捕された。所持金は、数百円だった。

 またも発生した長距離のタクシー無賃乗車に、ネット上では「県を越えるような長距離移動を要求する客は所持金をしっかり確認した方がいい」「1万3000円程度持っているなら、電車で岐阜まで行けたのでは。やっぱり迷惑をかけることを目的としていたのではないか」「タクシーは後払いだから、なかなかこの手の事件は減らない。やっぱり運転手が自己防衛していくしかない」という声が上がっていた。