テレ朝・斎藤ちはるアナ降板の原因はスキャンダル? 後任はクリーンな女子アナか
拡大する(全1枚)
斎藤ちはる
 テレビ朝日の斎藤ちはるアナが、レギュラーを務める朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」を降板することを、ニュースサイト「NEWSポストセブン」が報じた。

 斎藤アナは2011年から乃木坂46の初期メンバーとして活動していたが、18年にグループを卒業。19年4月からテレビ朝日に入社したが、入社式当日に同番組でデビューを果たした。

 プライベートでは昨年6月、TBSの小林廣輝アナとの交際が報じられた。そして、今年2月には年上の一般男性との熱愛が報じられたばかりだったが、同サイトによると、降板とその件は無関係なのだとか。入社以来、常に多忙なスケジュールだったため、リフレッシュさせるための降板だというのだが……。

 ​>>玉川徹氏、秋元康氏から同情「生きるの大変だな」炎上チェックも 斎藤ちはるアナは「これからです」とエール<<​​​

 「相次ぐ熱愛が降板と無関係だとは思えない。入社以来、〝朝の顔〟を務めているのに、まだまだその自覚が足りていないことに局の上層部はすっかりおかんむり。このまま、おとがめなしというわけにはいかなかったのだろう」(テレ朝関係者)

 そこで、気になるのが、誰が斎藤アナの後任を務めるかだが、以前も同番組に出演していたあの女子アナが有力なようだ。

 「以前は同番組のコーナーキャスターを務めていた山本雪乃アナが有力視されている。以前は、長嶋一茂に意見して罵倒されたりしていたが、それでもめげない強力なメンタルの持ち主。164センチでスタイル抜群。おまけに、これまでスキャンダルがなく、上層部の評判がいい。山本アナの1年先輩の弘中綾香アナがエースとしてもてはやされているが、コツコツ頑張っている山本アナのファンは局内でも多く、もっと売れてほしい逸材。〝朝の顔〟になったら一気にブレークする可能性もありそうだ。とはいえ、斎藤アナにとってはかなりショッキングな人事だったのでは」(同)

 後任人事も含めての正式発表が待たれる。