YouTuberヒカルとの真剣交際が報じられている元乃木坂46松村沙友理。そんな松村は1期生として在籍していた2014年、出版社の妻子ある編集者と路チュー&抱擁。
号泣謝罪した過去がある。ここではそんな1期生たちの“在籍中”の恋愛スキャンダルをまとめてみた。

 1期生は、オーディション合格者36名のうちデビュー前に辞退者2名を除く総勢34名。現役は秋元真夏齋藤飛鳥樋口日奈和田まあやという4名で、残りの30名はすでに卒業している。

 >>地下アイドルやOLに転職? 2世タレントと不倫交際も! 坂道グループ幻のメンバー「その後」<<

 その中で、在籍中、恋愛絡み、もしくは匂わせスキャンダルで報じられたのは調べた限りでは17名と、なんと半分のメンバーだった。活動当初は明らかに素行不良のメンバーも多く、未成年ながら六本木のバーでの飲酒がバレた大和里菜、美容師とお泊りデートを報じられた畠中清羅は、乃木坂初期の黒歴史となっている。


 松村同様、ファンにショックを与えたメンバーと言えば西野七瀬。2018年5月、ワイルド系ディレクターを自宅に招いていたスクープが飛び出し、同年12月に卒業している。

 何もなさそうな齋藤飛鳥、和田まあやも巻き込まれている。それが「青学事件」。2013年、彼女たちが事務所に無断で青山学院大学の学園祭に参加し、一般人との写真撮影やチョコバナナ店の売り子などをしたことにファンが激怒して炎上した事件のこと。

 その場に一緒にいたのは他に深川麻衣若月佑美川後陽菜、安藤美雲だったが、この件がきっかけで、齋藤はNHKの番組『Rの法則』に出ていた若手俳優とのつながり疑惑が持ち上がり、さらに炎上していた。


 星野みなみは昨年、通販会社の御曹司との恋人つなぎ&連泊デートが報じられ、今年2月に卒業。芸能界も引退している。そんな「引退組」で話題になったのが橋本奈々未。自らの稼ぎで支払っていた弟の大学の学費にメドが立ったため卒業するという涙ぐましいエピソードとともに2017年2月に卒業したが、そのわずか1か月後、母体であるソニーミュージックの取締役との交際が飛び出し、在籍中から付き合っていたのではと疑われた。

 他にも、会員制キャバクラのスカウトマンとデートしていた川村真洋を始め、能條愛未斉藤優里もそれぞれ在籍中に彼氏がいたことがバレている。変わったところでは、中田花奈がギャラ飲みの名目で、NEWS手越祐也と一緒に飲酒していた話もあった。

 
 衛藤美彩も、在籍中に埼玉西武ライオンズと源田壮亮と交際していたと言われる。だがその後結婚し、今年1月、第一子男児を出産した。

 そんな乃木坂と言えば、5期生の中西アルノが“パパ活”疑惑で、さらにまだ本格活動前だった岡本姫奈が「グループの活動規約に違反」したため、活動自粛となっている。5期生も危ういか?