『ナニコレ珍百景』劇団ひとりの金銭感覚に「庶民感覚無さ過ぎ」の声 チョコバナナへの発言が物議
拡大する(全1枚)
劇団ひとり
 3月27日に放送された、テレビ朝日系のバラエティ番組『ナニコレ珍百景』にゲストとして出演した劇団ひとりの発言に、非難の声が相次いでいる。

 この日の『ナニコレ珍百景』では、前半に山形県最上郡のあるお店の外に設置されている、「無人の店」と書かれた謎の小型冷蔵庫を紹介した。

 ​>>『ナニコレ珍百景』、IKKOが真剣に訴え?「私が認定してはいけない」名倉潤が撮影した『珍百景』に反論<<​​​

 この「無人の店」は、昼夜問わず怪しい光を発し続けているという事で、気になった番組スタッフが冷蔵庫の中を覗いてみた。すると冷蔵庫の中には大量のチョコバナナが入っており、側にはチョコバナナの代金200円を入れる貯金箱が置いてあった。

 実は、この「無人の店」は冷蔵庫の持ち主であるもつ煮込み専門店の店主が設置したもの。以前はお祭りやイベントなどでチョコバナナを作り売っていたが、コロナの影響でお祭りが中止となり、「気分だけでも味わってほしい」と考えた店主が設置したものであるという。

 この地域では過疎化が進んでおり、子どもの数は少ないが好評で、毎日40本前後の売り上げがあるという。

 優しい店主の心意気に心打たれたネプチューン原田泰造、ゲスト審査員の日向坂46の河田陽菜、丹生明里はすかさず珍百景認定ボタンを押した一方、もう一人のゲスト審査員である劇団ひとりは首を捻るばかりであり、認定ボタンは頑なに押さなかった。