中居正広は大の地元(神奈川県藤沢市)好きだ。親友は、芸能人より中・高校時代の仲間の方が圧倒的に多い。
時間に余裕があると地元に帰り、庶民的な居酒屋に集まって飲むのが至福のときだという。

 藤沢には、中居のネットワークが存在する。隣の中学校の1年後輩には、元光GENJI佐藤アツヒロがいた。佐藤は86年に、中居は87年にジャニーズ事務所に入所。ジャニーズJr.時代は、レッスンが終わると一緒に小田急線に乗って帰宅する仲だった。当時、中居は週に1度のローラースケートのレッスンより少年野球の練習を優先したが、佐藤は真面目に通った。
ゆえに、光GENJIに選出された。

 ​>>間一髪! 中居家が布団のマルチ商法に引っかかりかけていた?<<​​​

 中居はのちに、SMAPでデビュー。バックについて踊っていたジュニアのなかに、タッキー&翼(滝沢秀明さん、今井翼)がいた。今井は中居と11歳の年齢差があるが、小・中学校が同じ。少年野球経験者で、大の野球好きというところまで同じだ。中居は読売ジャイアンツ、今井はジャイアンツや横浜ベイスターズで活躍した屋鋪要さんが好きだった。


 今井の姉は、ヒップホップグループのRIP SLYMEのDJ FUMIYAと同級生。部活も同じだった。姉の夫は、DJ FUMIYAの1学年後輩のリュウタ。DJ FUMIYAの兄のTAKEこと竹内一也さんは、中居の同級生。「ナカイの窓」(日本テレビ系)に出たことがあり、日テレ系「中居正広の7番勝負!超一流アスリートvs芸能人」シリーズにも、中居と「チーム辻堂」の一員として出演している。

 RIP SLYMEといえば、元メンバー・SUの姉が中居と小・中学校時代の同級生。
元妻は歌手の大塚愛だったが、SUの浮気で離婚している。SUはRIP SLYMEに加入する前、TAKEらと「MELLOW DOWN」というダンスグループを結成していた。EAST END×YURIのプロモーションビデオにバックダンサーとして出たことがある。

 驚くのは、女優の高岡早紀も藤沢メンバーだ。
 「中居さんと同じく今年50歳。中学生のときからモデルをしていたため、中1のときに中居さんたちの間では『隣の中学に高岡早紀っているよ』とうわさになっていたといいます」(エンタメライター)

 高岡は隣町の湘洋に住む美少女として有名だった。
モデルから女優に転向すると、22歳のときに主演映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」で「第18回日本アカデミー賞」の最優秀主演女優賞ほか多くの映画賞を受賞。藤沢では中居に次ぐ一流有名芸能人といえる。

 中居は16年に、「藤沢・辻堂Walker ウォーカームック」(KADOKAWA)で表紙を飾り、カラーページで地元愛を放談している。当時、ジャニーズのトップだったSMAPのメンバーが地元密着マガジンの表紙に登場するのは異例だった。それも中居の地元愛の強さを物語るものだった。

 4月1日でジャニーズを退所して、個人事務所「のんびりなかい」として歩んで丸2年。
今後ものんびり藤沢を愛するか。

(伊藤由華)