もはや伝説級? 草なぎが1軒でおごった総額がとんでもなかった!
拡大する(全1枚)
草なぎ剛
 草なぎ剛が23年1月期、およそ6年ぶりに連ドラ主演を果たす。SMAP時代に出演していたカンテレ×フジテレビ系「銭の戦争」(15年)、解散直後に放送された「嘘の戦争」(17年)に続く“戦争シリーズ”第3弾。同制作陣による8本目は最多記録だ。放送される月曜22時台は、かつての「SMAP×SMAP」(フジ系)の枠とあって、SMAPファンは“スマスマ復帰”と鼓舞している。

 昨年は主演映画「ミッドナイトスワン」で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞やブルーリボン賞主演男優賞ほか多くの映画賞を受賞。NHK大河ドラマ「青天を衝け」では徳川慶喜役で1年間にわたって出て、俳優株が急上昇。4月9日には、稲垣吾郎、香取慎吾との「新しい地図」による教育バラエティ「ワルイコあつまれ」(NHK Eテレ)がレギュラースタート。ノリに乗っている。

 ​>>キムタクに草なぎ、中居から高級品をもらいまくったジャニーズとは<<​​​

 草なぎは、SMAP6人(デビュー時)の中で連ドラ主演が一番遅かった。だが、“戦争シリーズ”のルーツとなる“僕”シリーズ第1弾「僕の生きる道」(フジ系/03年)の主題歌となったSMAPの「世界に一つだけの花」は、ジャニーズアーティスト唯一のトリプルミリオン(300万枚)。教科書に載るほどの国民的ポジティブソングとなった。