赤西仁は“嫁一筋”、黒木メイサの肉食な過去 小林可夢偉をあびる優から略奪?【芸能界、別れた二人の真相】
拡大する(全1枚)
黒木メイサ
 アパレル会社元社長・東谷義和氏のYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』の登録者数が100万人を突破。これを記念した10日の生配信では、タレント・赤西仁の話題に触れ、妻の女優・黒木メイサについて「嫁一筋」であることを口外した。

 夫妻は、2012年2月に突如デキ婚を発表。当時、双方の事務所には報告せずに入籍し、事後報告という前代未聞のスキャンダルで大きな話題となった。その勝手さからか、赤西はメディアから干されるはめとなり、2014年2月にジャニーズ事務所を退所。一家は赤西に代わって黒木が女優業に専念するも一時期、収入が安定しない赤西に黒木が愛想をつかし、夫婦が離婚危機に瀕したとのうわさもあった。

 >>中谷美紀との足掛け15年の“ケイゾク愛”を解消、渡部篤郎は介護問題を抱えていた?【芸能界、別れた二人の真相】<<

 そんな黒木は、独身時代に“恋多き女”といわれ、名だたる著名人と浮名を流した。なかでも結婚を意識した相手というのがF1レーサー・小林可夢偉だと2012年2月発売の『女性セブン』(小学館)が報じている。

 「小林は2010年10月にタレント・あびる優との熱愛が発覚。結婚間近ともいわれていましたが2011年9月、F1のシンガポールグランプリが開催されたあたりから、黒木が小林に猛アタックしていたと『女性セブン』が報じていました」(芸能ライター)