活動休止の大倉も出演のため調整中、関ジャニ∞のビッグイベントの気になるその先
拡大する(全1枚)
画像はイメージです
 これまで8周年、10周年、15周年と行ってきた関ジャニ∞恒例の夏祭りが、18周年を迎える今夏、「18祭」としてグループ初となる神奈川・横浜市内の日産スタジアムで開催されることが、先ごろ発表された。

 同所での開催は、7月16日と17日の2日間。グループにとって約8年ぶりとなる大阪・ヤンマースタジアム長居でも7月23日と24日に開催され、計4日間で25万人を動員する予定。4月29日にメンバーの大倉忠義が活動休止を発表しているが、所属事務所のHPによると、同公演に万全の体調で臨めるよう調整していくようだ。

 >>関ジャニ村上、タレント唯一の北京五輪取材の裏側を暴露 帰国後に異変も「中国のどなたかから…」<<

 日産スタジアムでジャニーズ事務所の所属アーティストが公演を行うのは、2006年8月のSMAP以来、16年ぶり2組目だという。

 前ツアー「8BEAT」と同様にファンと作り上げる施策を検討中で、メンバーは試行錯誤中なのだとか。

 各メディアによると、メンバーたちはコメントを発表。村上信五は「僕たちにしか出せない明るく楽しい『何か』をギリギリまで模索し、お届けしたく思います」と意気込み。

 横山裕は「この状況下で、沢山の方にライブを出来る幸せを噛(か)み締めて、最高のパフォーマンスをしたいと思います!」と宣言している。

 「動員は25万人だというが、関ジャニにとっての久しぶりのビッグイベントとなるだけに、チケットは争奪戦になりそう。とはいえ、20周年までの2年間は、もう、ここまで大規模なコンサート、コンサートツアーはないかもしれない」(音楽業界関係者)