『行列のできる相談所』、新MCに「見る気無くなった」「イラつく」厳しい声 番組のメリットも
拡大する(全1枚)
井上芳雄
 1日、ミュージカルで活躍している俳優・井上芳雄が『行列のできる相談所』(日本テレビ系)の新MCとして出演。今回が初回とあって、緊張感たっぷりで司会業に挑んでいた。

 番組冒頭、週替わりの交代制でMCを務める東野幸治フットボールアワー後藤輝基らレギュラーメンバーに「芳雄!」とイジられる中、井上は「緊張で、このあたり(頬)が引きつる。現実とは思えないですね!」とコメント。そんな中でも東野をイジり、「ぶっ飛ばすぞ!」と激しいツッコミを引き出すなど、軽快なやりとりで笑いを誘う一幕もあった。

 ​>>『行列』新MCサプライズ発表も物議「無理じゃない?」「誰?」ミュージカルスター抜擢で戸惑いの声<<​​​

 「基本的には、東野が裏回しのポジションで、ゲストに話を振るなど、井上をフォロー。番組は円滑に進められていきました。『行列』は、もともと島田紳助さんの番組。彼の引退に伴い、MCは東野や後藤らにバトンタッチされていきました。形を変えながらも、約20年にわたって放送されているので、固定ファンも多くいます。もちろん、井上はイケメンで爽やか。彼が司会をすると、番組自体も華やかになっていいんでしょうが、往年の番組視聴者にとっては、笑いどころが少なく、知名度が高いとは言えない彼を見続けるのはしんどい部分があったのかもしれません」(芸能ライター)

 Twitterでは、井上の司会ぶりについて「井上芳雄くんMCよかった~」「聴きやすくて、素晴らしい」「爽やかなトークや合いの手が素敵です!」と応援の声がありつつも、「なんで司会者変わってるの?別に後藤さんと東野さんで面白いからいいのに変える必要ある?」「MCが何故に井上芳雄なのかが全く分からない、観ている限りほとんど回せてないしトークも全然面白くない」「東野幸治やフット後藤、