​南キャン山里、若手時代にキンコン梶原へ酷い仕打ち「嫌な人!」みちょぱも驚きの“偽ビラ”撒き
拡大する(全1枚)
南海キャンディーズ・山里亮太
 南海キャンディーズ山里亮太が12日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に、麒麟川島明、ダイアン・津田篤宏とともに出演。若手時代の強烈エピソードを明かす一幕があった。

 南キャン、麒麟、ダイアンは、大阪にあった劇場「baseよしもと」で活躍していた3組。若手時代から切磋琢磨していたこともあって、数多くのエピソードがあるという。特に南キャンは、結成わずかで『M-1グランプリ』準優勝に。すぐに東京の仕事も急増し、山里曰く、天狗になっていたと振り返る。

 ​>>『東大王』のクイズ解答にドン引き?「さすがに笑えない」の声 山里も「恐ろしい答え書く」とツッコミ<<​​​

 「先輩の川島曰く、東京で引っ張りだこだった山里が、たまに大阪に帰ると泥酔。芸人御用達の居酒屋で酔っ払いながら、『こんばんは~売れてます』と入ってくるなど、良からぬ噂を聞いていたようです。山里は否定するわけではなく、『(噂が)一人歩きしちゃっているんですよ、って言いたいんですけど、ほんとなんですよね……』とこぼしていましたね」(芸能ライター)

 そんな中、山里と津田が、大阪NSC(吉本興業の養成所)22期生の同期だという話に。同じく同期には、キングコング(梶原雄太西野亮廣)や、なかやまきんに君がいることを明かした。

 山里は、NSCの授業中、賞レースで結果を残し、テレビ