ますます事務所の〝看板〟が重くのしかかる小芝風花
拡大する(全1枚)
小芝風花
 6月18日と19日の「映画ランキング」(興行通信社調べ)が発表され、新作では女優の小芝風花が主演する「映画 妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-」(豊島圭介監督)はトップ10圏外だった。

 今月4日に最終回を迎えたテレビ朝日系土曜ナイトドラマ「妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-」のその後を描いた同作品。

 各メディアによると、17日に都内で行われた舞台あいさつで松本まりか大倉孝二ら妖怪役のキャストは、劇中の“妖怪フル装備”での登場。妖怪たちとシェアハウスで暮らす目黒澪を演じた主演の小芝は、「妖怪さんたちとこの場に立てて、本当に幸せです!」と役になりきってあいさつしたというが、どうやら集客は苦戦中のようだ。

 ​>>小芝風花、テレ朝主演ドラマが続くワケ 看板女優になるべく難役に挑戦中?<<​​​

 「そこまで高視聴率を記録していたわけではないが、ネット上で話題になったこともあって映画化を決定。しかし、小芝のファン層がいまいち読めず、ドラマの視聴者も積極的に劇場を足を運んでいるというだけではないようで観客動員が厳しいのが現状。所属事務所・オスカープロモーションの小芝にかける期待は大きく、初日舞台あいさつの客席には、創業者である事務所の会長以下、幹部が勢ぞろいしていたという。すっかり小芝は重すぎる事務所の〝看板〟を背負わされているようだ」(映画業界関係者)